初心者がハマる仕手株の罠
仕手株の罠にはまってしまった人

株取引を始めようと考えている方や始めたばかりの方は「仕手株」についてよく理解しておきましょう!仕手株とは資金を持ったグループが意図的に株価を操作してその差益を稼ぐためものです。当サイトで仕手株についてご説明します。

10年単位で投資をするのであれば仕手株より東京瓦斯

投資というのは長期間保有をする場合もありますが、そのような時には長期間保有するに値する銘柄を選ぶ必要があります。
そのような銘柄はどのようなものかというと、業績が堅調でその先も伸びていくことが期待される銘柄であったり、業績は横這いではあるものの景気などの影響を受けにくく上がることも下がることも少ない銘柄が狙い目となります。

東京瓦斯のようにインフラ関係というのは安定しているので10年保有をするつもりで購入をしても、配当も出ることから大きな損失が出るものでもありません。
一方、10年保有するのに不向きなものとしては仕手株があり、仕手株というのは株価の根拠もなく人為的に釣り上げられたものであることが多いため、元々価値が無い株が多くそのような株を長期的に保有していても何のメリットもありません。
仕手株というのは東京瓦斯と正反対の業績が不安定で、将来性がなく市場から放置されているような銘柄が狙われやすいので、そのような銘柄を高値で掴んでしまうとただただ無駄に10年も資金拘束をされてしまうだけとなってしまうことがあり、それだけではすまずに倒産をして無価値になってしまう可能性もあります。
10年というスパンで見た場合、再度仕手株として株価が上昇する可能性もあるためそれに掛けて保有をするという考えもありますが、基本的にはリスクが高く思考停止に近い投資となってしまいます。

そのため、堅実な長期投資を考えるのであれば仕手株のようなリスクの高いものではなく、大きな上昇を見込むことはできなくても安定した株価や配当を期待することが出来る、東京瓦斯のような銘柄を選んで投資をしたほうが長期投資の目的にかなったものとなっています。