初心者がハマる仕手株の罠
仕手株の罠にはまってしまった人

株取引を始めようと考えている方や始めたばかりの方は「仕手株」についてよく理解しておきましょう!仕手株とは資金を持ったグループが意図的に株価を操作してその差益を稼ぐためものです。当サイトで仕手株についてご説明します。

投資を始めるなら仕手株や米国株投資は避ける

株式市場が盛り上がりを見せている中、これから投資をしてみようと考えている人も少なくないものですがそのような時に避けるべきは仕手株や米国株投資といったものがあります。
仕手株というのは投資をしたことがない人からすれば、何のことはわからないことでしょうがこれは人為的に操縦をされた銘柄のことを指します。
それでは仕手株というのはどうやって見分ければ良いのかというと、業績が不振で特別材料もないにもかかわらず株価が乱高下している銘柄であり、このような銘柄は元々株価の裏付けとなるようなものがないので操作をしている黒幕がいなくなってしまえば株価は瞬く間に下落をしてしまうことになります。
あくまで人為的に操縦をされているだけなので、下手に手を出すと無価値な企業に投資をしてしまうことになるので特に最初の頃は避ける必要がある銘柄となります。

次に米国株投資ですが、これは投資先としては非常に魅力のあるものであり仕手株と違って投資をするだけの価値が有るものとなっています。
しかし、これから投資を始めてみようという人が国内の株式市場のことですらよくわかっていない段階で、更に情報量の少ない米国株投資をするとなると情報量などでもかなりの苦戦を強いられることになりますし、手数料の面でも国内の株式に投資をするよりも高く付いてしまうのでかなりの大きな資金を動かさなければ、手数料だけで負けてしまうということになります。
ある程度慣れている人からすれば新たな運用先として、米国株投資を選択するというのも悪いものではないのですが、始めの内は情報量も多く取引がしやすい国内の堅実な銘柄に投資をしたほうがリスクの少ない資産運用をすることができます。