初心者がハマる仕手株の罠
仕手株の罠にはまってしまった人

株取引を始めようと考えている方や始めたばかりの方は「仕手株」についてよく理解しておきましょう!仕手株とは資金を持ったグループが意図的に株価を操作してその差益を稼ぐためものです。当サイトで仕手株についてご説明します。

定年後なら7707夜間株価のチェックや仕手株を回避

定年後のことを考えて、資産運用をしようと思い7707夜間株価を気にしてみたり、大きな利益を上げることができる可能性のある仕手株に興味を惹かれたりする人も少なくありません。
しかし、定年後のことを考えて投資をするのであれば7707夜間株価や仕手株を気にするよりも、正攻法で行くのが良いでしょう。
7707夜間株価は、参加人数も少ない場外での取引となるので参考とするには少し弱い材料となってしまいます。
もちろん、夜間市場は投資をするうえで便利に有効活用をすることができるものではあるのですが、定年後のことを考えた場合には場外取引よりも場中での流れを読んだほうが、資産運用をしていく上で有効となるので将来のことを考えるのであれば夜間取引は後回しにしたほうが良いでしょう。

次に仕手株ですが、これは非常にリスクの高いものとなりますから、それこそ定年後のことを考えた場合には絶対に手を出しては行けないものとなります。
ギャンブルのつもりでごく少額を投資するというのであれば、悪いものではありませんがそのようなやり方をしていれば、結局勝つにしても負けるにしても癖になってしまって、仕手株にはまり込んでしまうことになります。
仕手株というのは儲けるのは株価を操作している本尊であり、損をするのはそれに飛びついてきた投資家が餌食になるという構図であるため将来のことを考えるとこのような銘柄に手を出すことほど馬鹿らしいことはありません。

定年後に安定した生活を送りたいというのであれば、正攻法で安定した企業に分散投資をしたりリスク管理を徹底して、利益は伸ばし損失はできる限り少ない内に抑えておくというのが、理想的な資産運用法となります。