初心者がハマる仕手株の罠
仕手株の罠にはまってしまった人

株取引を始めようと考えている方や始めたばかりの方は「仕手株」についてよく理解しておきましょう!仕手株とは資金を持ったグループが意図的に株価を操作してその差益を稼ぐためものです。当サイトで仕手株についてご説明します。

仕手株に狙われやすいカシオ株の動向のポイントを見る

カシオ株の動向は、最近非常¥に乱高下を続けていることから仕手株に狙われやすい傾向を示しています。年末になるとプリンターの駆け込み需要などがあり比較的高値に推移するカシオ株ですが、一時期の高値から安値に転じて空売りが起きやすい状態になりつつあります。この原因は最近ヒット商品がないということ、スマホなどの普及により計算機の需要が大幅に減ったことなどが挙げられます。しかし、プリンタ―に於いては独自の品質を維持していることも有り、新商品に対する期待が有ることから急激に値を上げることも予測されるため、仕手株に狙われやすい傾向もはらんでいるのです。
この点では再建築不可住宅と共通する部分が有ります。再建築不可住宅とは現在は住宅が建設されているが、その後の法律改正により新規に住宅の建設ができなくなっている住宅の事を指します。しかし例えば中古住宅を購入して住む場合や家をリフォームする場合などは認められる場合が多く、混乱の元となっています。
この様な状態がカシオ株にも見られる部分が有ります。電卓などで業績の高い株として値上がり傾向にある時点で信頼して購入しても実際には仕手株として作為的に株価が上昇し、下落してしまうという状態は再建築不可住宅と知らずに中古住宅を購入し、立て直そうとしたら再建築不可住宅であるため建設できないという、一種の詐欺とも取れるような事象と似ている部分が有ります。しかし、両社とも販売時の告知義務はないため、確認しなかった、若しくは知らなかった本人の責任ということになってしまうものです。
その為、カシオの様な著名な会社の銘柄であってもその内情や株価上昇の理由を確認せずに購入することは大きなリスクを伴うことを認識しておくことが大切です。