初心者は要注意の仕手株とは

初心者として株式投資に取り組む行う際に、注意したいポイントを説明して行きましょう。
株式投資は、その言葉の通り、投資目的で企業が発行し、株式市場に上場する株に資金を投資し、資産を運用することが目的となります。
資産を運用することで、投資した企業が設備投資や事業展開を進め、営業で利益を出せば、投資した株数に応じてその分の配当金が入ります。
これを出資配当と言い、株主に配当金にて利益を分配することが、株主還元策として行います。
しかしながら、投資した企業が必ず利益を出すかと言えば、そうではなく、赤字となれば、株主還元はされません。
株の銘柄選びは、初心者の場合、値動きよりも財務健全性と、将来的に有望な企業を選ぶ必要があります。
かと言って、どの企業が成長性があるかは、判断するのが難しいため、一つの指標として企業が抱える有利子負債や利益剰余金、発行株数、自己資本比率などの情報に注目しましょう。
初心者が限られた投資金額で、株式投資を行う際によくるのが、1株単価が低い株の投資です。
初心者にとって、低位株は手が出しやすく、成長すれば大きな利益となるため、それを期待して低位株に手を出します。
中には、値動きが激しい株もあり、それらが必ずしも優良企業の株とは言えません。
低位株の中には仕手株もあります。
仕手株とは、ファンドなどの資金を豊富に持つ集団が、ターゲットにした企業の株を買い増し、株価をつり上げることで、チャートは右肩上がりとなります。
株が下がったときに買うのが逆張り、上がるときに買うのが順張りと言いますが、上げるときに買うことが短期では儲けが出ることが多く、近年多くのトレーダーが順張りをします。
仕手株集団はその習性をよく知り、順張りで投資家を集めます。
目標値を決め上がりきったところで、利益確定売りとするため、多くの個人投資家が引っ掛かります。
予算を決めて価格が安定した優良株を選ぶことが重要です。

仕手株の特徴とリスク

仕手株の特徴としては、まず企業業績に急変動がない銘柄が選ばれやすいことが挙げられます。 企業業績が急激に良くなったり、逆に急激に悪くなったりすると多くの投資家の目に止まるようになり、売りまたは買いの対象となってきます。
そうなると、一部の投資家だけで株価を上昇させていくことは難しくなります。
そのため、成熟産業などの業績のブレが少ない企業が仕手株の対象になることが起こってきます。
また、仕手株は中小型の企業が対象となりやすい特徴があります。
時価総額の大きい企業になると多くの投資家が売り買いをしていることから、市場メカニズムに沿って株価が形成されることになるからです。
さらに同様の考え方で、仕手株は1日の出来高が比較的少ない銘柄が対象となりやすいです。
これらの特徴がある仕手株は一部の投資家によって株価を強引に押し上げることが行われることになってきます。
仕手株は値動きが大きいことから、一般の投資家でも追随の買いを入れたくなる人もいるかもしれません。
しかし、仕手株にはリスクが存在していて、仕手のちょうちん筋で儲けることは難しくなっています。
仕手株のリスクとしては中小型の出来高の少ない銘柄が選ばれているために、一気に株価が下へ動いてしまうことが挙げられます。
また、需給バランスが大きく崩れてしまうと、株を売ろうとしても中々売れない状況が生まれる可能性があります。
そのため、仕手が株式を大量に売ってきた時には一般の投資家は株式を売却することができず、株価が大きく下落してしまうということが起こり得ます。
一旦、株価が下落してしまうと再び株価が上昇することは期待できないです。
したがって、一般の投資家が手掛けるのは、できるだけ避けた方が良いと言えます。

仕手株の回避方法と判断基準

仕手株とは特定の投資家たちがある企業の株を大量購入することで株価の急激な上昇を図り、他の投資家が参加することで、保有株を大量売却し、株価が上昇する前の水準近くに戻ってしまう銘柄のことをいいます。
このような投資家を仕手筋といいます。
仕手株は値動きが良く出来高が多くなるため、短期的に利益を上げることもできすが、逆に大きな損失になる可能性も高いので、一般投資家にとっては回避したいところです。
仕手株の特徴としては業績が安定していない企業、すなわち、投資の判断基準が難しい企業の株が狙われやすく、発行済み株式数が少なく、普段から出来高が少く、株価の値動きがほとんどない株であれば、仕手筋が大口で購入すれば株価が上がりやすく、売りと買いを交錯させる玉転がしを行い、意図的に出来高を上げると、一日の出来高が今ままでより、何倍も増えることになります。
株価と出来高を上げることによって、上場銘柄の株価値上がり率ランキングや出来高ランキングの上位にランクされることで、多くの投資家が注目し、大きな話題となれば、提灯買いが始まり、株価に急激に上昇します。
仕手株の回避方法と判断基準は株価と出来高がある時点から急激に上昇し、現在の業績から算出したPBRやPERが相当な割高感の銘柄であれば、投資しないことです。いずれ下落するだろうと、信用売りをしても、数回に分けて株価を上昇させることもあり、信用売りを損切りしなければいけないほど、株価が上昇することもあるので、買いも売りもしないほうが賢明といえます。
また、短期間で大きな利益が出そうという欲を持つ人ほど仕手株に手を出してしまうので、短期間で簡単に大きな利益を出せるはずがないと冷静な判断を持つことも重要です。

■仕手株情報はこちらで掴みましょう!
プロの厳選仕手株情報を無料で試せる
■IPOに当選したいならこちらをチェック!
IPO 初値予想

トップページへ